Fifties 關西事業承継50’s ワンストップ事業承継プロフェッショナルチームFifties 關西事業承継50’s ワンストップ事業承継プロフェッショナルチーム

MENUMENU

ノートノート

関西に100年継続する企業を創出する関西に100年継続する企業を創出する
Case study

各分野の士業が連携し、 ワンストップで最適なソリューションの実行を長期的にサポートします 各分野の士業が連携し、 ワンストップで最適なソリューションの実行を長期的にサポートします

弊社の社名「関西事業承継50’s」には、事業承継は50代から取り組んでいくべきという意味が込められています。
そして、事業承継の場面に関わるだけではなく、事業承継後もクライアント様を長期的にサポートする組織として創業いたしました。
事業承継に関するテーマというと法律や税金のイメージが強いため、弁護士や税理士が中心のコンサルティング会社が多いのが実情です。
しかし、一般的に事業承継はヒト・モノ・カネ・技術などすべてを承継するので、
弁護士や税理士だけではなく司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士・中小企業診断士といった他士業の関与も重要です。
こうしたことを踏まえ、弊社は事業承継に関与するすべての専門家が所属し、
案件の有無にかかわらずメンバー全員が集まってミーティングを毎週実施しています。


また、士業だけに留まらずに、世界トップクラスの生命保険セールスマンや優秀なバンカーなどとも連携を図り、
財務等の面からなど、あらゆるパターンの事業承継をワンストップでサポートすることができます。

Member

Member

専門家の紹介
Company

Company

会社案内

icon04事業承継のつの方法

親族への承継親族への承継
親族への承継
1

族内承継とは、現経営者の子供や孫、妻、娘婿、兄弟姉妹等の親族に対して事業を承継させることを言います。
創業経営者が、作り上げてきた会社を子供や親族に継がせたいと思うことは自然なことであり、従業員や取引先など内外の関係者にとっても受け入れやすく引き継ぎがスムーズであるため、もっとも多く選択されている方法です。

従業員への承継従業員への承継
従業員への承継
2

従業員への承継とは、言葉のとおり、従業員に対して事業を承継させることを指します。近年、 小企業においては、この従業員への事業承継が注目されるようになっています。 経営者に求められる能力が高度化し、 子供だからといって後継者としてふさわしいとは限らなくなっていること、他方、子供においても家業だから承継しなければならないという意識が希薄化していること、等がその背景にあります。

第三者への承継(M&A)第三者への承継(M&A)
第三者への承継(M&A)
3

M&Aは中堅中小企業においても経営戦略の一つとして浸透してきています。売手側のM&Aの動機は、後継者不在によるM&A、業績不振によるM&A、事業の選択と集中を目的としたM&Aなどがあります。一方、買手側の目的は、事業拡大、多角化によるリスク分散などが一般的です。
とりわけ、中堅中小企業での後継者問題の解消が社会的な課題としてとらえられています。

カテゴリ:
  • 事業承継
  • M&A
  • 法務
  • 税務
  • 不動産
  • 財務
  • 生命保険
  • 全てのカテゴリ
  • 該当するカテゴリーの投稿がありません
  • 該当するカテゴリーの投稿がありません
  • 該当するカテゴリーの投稿がありません
  • 該当するカテゴリーの投稿がありません
  • 該当するカテゴリーの投稿がありません
  • 該当するカテゴリーの投稿がありません
  • 該当するカテゴリーの投稿がありません

M&A infoM&Aに関する動向をチェック

FAQ当社に寄せられたご質問

経営者の想いを
次世代へつなぐパートナーに

営業時間:9:00〜18:00
(定休日 土日祝 メール、FAX問い合わせ24時間)