Fifties 關西事業承継50’s ワンストップ事業承継プロフェッショナルチームFifties 關西事業承継50’s ワンストップ事業承継プロフェッショナルチーム

MENUMENU
  • 法務

除外合意の他にも,遺留分制度対策として,固定合意というものがあるようですが,その内容を教えてください。

 固定合意は,後継者に贈与等がされる自社株式の全部又は一部について,遺留分を算定するための財産の価額に算入すべき価額を,当該合意時における自社株式価額に固定するための合意のことをいいます。固定合意と除外合意には,自社株式の価額を遺留分額算定の基礎とするか否かという違いがあります。
 固定合意を行うことにより,旧代表者死亡による相続の際,遺留分に算入される自社株式の価額が合意時価額に固定されるため,後継者は,固定合意時から相続時までに企業努力の積み重ねにより生じた自社株式の株価上昇の利益を享受できるようになり,自社株式の株価上昇のインセンティブが損なわれません。このように,固定合意には,後継者が企業価値向上への意欲を生じさせる又は維持させる効果があるといえます。
 なお,固定合意を行うために必要な手続は,除外合意と同様です。

経営者の想いを
次世代へつなぐパートナーに

営業時間:9:00〜18:00
(定休日 土日祝 メール、FAX問い合わせ24時間)