Fifties 關西事業承継50’s ワンストップ事業承継プロフェッショナルチームFifties 關西事業承継50’s ワンストップ事業承継プロフェッショナルチーム

MENUMENU
  • 税務

配偶者は相続税がほとんどかからないと聞いたので、全財産妻に相続させようと考えています。何か問題はあるでしょうか。

配偶者の方は、被相続人の財産形成に貢献しており、また相続後の生活に配慮が必要であるため相続税が大幅に軽減されることになっています。ただし、控除できる上限が決まっているので、上限を超えて全財産を奥様が相続した場合には、原則として相続税がかかります。

まず、相続税額の計算方法は、以下のとおりになります。
 ①相続税の対象:遺産総額-基礎控除(3,000万円+600万円×法定相続人の数)
 ②相続税の総額:①×各法定相続人の法定相続分×相続税の超過累進税率
 ③各相続人の税額:相続税の総額×各人の課税価格課税価格の合計額

次に、配偶者に対する相続税額の軽減の内容ですが、被相続人の配偶者が相続により取得した財産の金額が、次のどちらか多い金額までは相続税がかからない制度です。
 ⑴ 1億6千万円
 ⑵ 配偶者の法定相続分相当額

従って、上記⑴、⑵のいずれの金額をも越えた場合には、その越えた部分の金額について、相続税がかかります。

【事例】
・相続人:妻、長男
・財産:3億円
・遺産分割:全て配偶者が相続

 ①相続税の対象
  3億円-(3,000万円+600万円×2人)=2億5,800万円 …①
 
 ②相続税の総額
  ①×12×40%-1,700万円=3,460万円 …イ(配偶者)
  ①×12×40%-1,700万円=3,460万円 …ウ(子)
  イ+ウ=6,920万円
 
 ③配偶者様の税額
  6,920万円×3億円3億円=6,920万円
 
 ④配偶者に対する相続税額の軽減
  ⑴ 3億×12=1億5千万円 < 1億6千万円 ※ 1億6千万円
  ⑵ 6,920万円×1億6千万円※3億円=約3,690万円
  ⑶ 6,920万円-3,690万円=3,230万円 

以上のような計算によって、配偶者は3,230万円の相続税を納付しなければなりません。

その他の論点として、財産の分け方が決まっていない場合はこの制度が使えない、一次相続では相続税を抑えられても二次相続の納税負担が大幅に増えてしまう場合がある、などもありますので、専門家にご相談のうえ、上手にこの制度を活用することをお勧めします。

経営者の想いを
次世代へつなぐパートナーに

営業時間:9:00〜18:00
(定休日 土日祝 メール、FAX問い合わせ24時間)