Fifties 關西事業承継50’s ワンストップ事業承継プロフェッショナルチームFifties 關西事業承継50’s ワンストップ事業承継プロフェッショナルチーム

MENUMENU
  • 税務

配偶者は相続税がほとんどかからないと聞いたので、全財産妻に相続させようと考えています。何か問題はあるでしょうか。

A 全財産を配偶者に相続させ配偶者軽減を使用する場合には、以下のようなデメリットが発生する可能性があります。

【事例】二次相続の納税負担が大幅に増えてしまう場合
〇前提
・法定相続人:配偶者、長男
・財産
 相談者:1億6千万円
 配偶者:0円

⑴ 一次相続で全て配偶者が相続(配偶者軽減をMAXまで使う)
 ①相続税の対象
  1.6億円-(3千万円+600万円×2人)=1.18億円
 ②相続税の総額
  イ ①×12×30%-700万円=1,070万円 (配偶者対応分)
  ロ ①×12×30%-700万円=1,070万円 (子対応分)
  ハ イ+ウ=2,140万円
 ③配偶者の税額
  2,140万円×1.6億円1.6億円=2,140万円
 ④配偶者に対する相続税額の軽減
  イ 1.6億円×12=8千万円 < 1.6億円 ※1.6億円
  ロ 2,140万円×1.6億円1.6億円=2,140万円
 ⑤一次相続による納付税額
  2,140万円-2,140万円=0円

⑵ 二次相続で配偶者から長男が全て相続
 ①相続税の対象
  1.6億円-(3千万円+600万円×1人)=1.24億円
 ②相続税の総額
  ①×40%-1,700万円=3,260万円
 ③二次相続による納付税額
  3,260万円

上記の通り、一次相続では納税はゼロになりますが、二次相続では3,260万円もの相続税を納付しなければなりません。

※法定相続分による取得した場合
⑴ 一次相続時
 ①相続税の対象
  1.6億円-(3千万円+600万円×2人)=1.18億円
 ②相続税の総額
  イ ①×12×30%-700万円=1,070万円 (配偶者対応分)
  ロ ①×12×30%-700万円=1,070万円 (子対応分)
  ハ イ+ウ=2,140万円
 ③配偶者の税額
  2,140万円×8千万円1.6億円=1,070万円
 ④配偶者に対する相続税額の軽減
  イ 1.6億円×12=8千万円 < 1.6億円 ※8千万円
  ロ 2,140万円×8千万円1.6億円=1,070万円
 ⑤一次相続による納付税額
  イ配偶者
   1,070万円-1,070万円=0円
  ロ長男
   1,070万円(2,140万円×12)
  ハ イ+ロ=1,070万円

⑵ 二次相続
 ①相続税の対象
  8千円-(3千万円+600万円×1人)=4.4千万円
 ②相続税の総額
  ①×20%-200万円=680万円
 ③二次相続による納付税額
  680万円

従って、一次・二次相続の相続税の合計額は1,750万円となり、全て配偶者が相続した場合よりも1,500万円の納税額を減額することができます。

一次・二次相続を通した税金負担を検討するにあたって、配偶者が何をいくら相続するか、は非常に重要になります。
被相続人がお持ちの財産の内容、配偶者の方の年齢や健康状態などによって、最適な遺産分割の内容は変わってきます。
ちょっとした工夫で納税額が軽減できる可能性もありますので、税金に不安を感じている方は専門家にご相談することをお勧めします。

経営者の想いを
次世代へつなぐパートナーに

営業時間:9:00〜18:00
(定休日 土日祝 メール、FAX問い合わせ24時間)