Fifties 關西事業承継50’s ワンストップ事業承継プロフェッショナルチームFifties 關西事業承継50’s ワンストップ事業承継プロフェッショナルチーム

MENUMENU
  • 法務

株式の分散を防止する具体的な方法を教えてください。

株式の分散を防止するための手段としては,例えば,①生前贈与,②遺留分に関する民法の特例を用いること,③遺言,④安定株主の導入といった手段があります。他にも手段がありますが,当FAQでは,この4点につき説明します。
まず,①生前贈与ですが,現経営者が,生前に後継者へ株式を贈与する手法です。計画的かつ確実に株式を移転させることができますが,遺留分の問題と税負担の問題が生じます。
次に,②遺留分に関する民法の特例を用いることですが,これの内容は,除外合意,固定合意及び付随合意を用いることであり,当ページの当該FAQをご覧ください。
続いて,③遺言ですが,現経営者が生前に株式を後継者に相続させるために遺言を活用する手法です。遺言は,法律で定められた様式をとらなければ無効とされてしまうおそれがあるため,その作成には注意が必要です。
最後に,④安定株主の導入ですが,現経営者以外に,継続的かつ一体的な議決権行使に協力してくれる株主に株式を持たせ,承継すべき株式を減少させる方法を指します。

経営者の想いを
次世代へつなぐパートナーに

営業時間:9:00〜18:00
(定休日 土日祝 メール、FAX問い合わせ24時間)