Fifties 關西事業承継50’s ワンストップ事業承継プロフェッショナルチームFifties 關西事業承継50’s ワンストップ事業承継プロフェッショナルチーム

MENUMENU
  • 法務

固定合意や除外合意の他にも,何か合意できることはありますか。

固定合意と除外合意の他にも,付随合意(オプション合意)という合意があります。
 付随合意とは,固定合意や除外合意に付随して,自社株式以外の取扱いについて,推定相続人全員の合意をもって,書面により特別に行う合意であり,後継者と先代経営者の推定相続人間の衡平を図るために行われる合意です。
なお,付随合意を単独で行うことはできず,固定合意や除外合意とともに合意しなければなりません。また,合意の対象とする財産の種類や額に制限はありませんが,除外する旨の合意しか行うことができず,価額を固定する旨の合意を行うことはできません。
 付随合意で定めることのできることは,3点あります。
 第1に,後継者が取得した自社株式以外の財産の全部または一部について除外合意を行うことができます。
 第2に,後継者以外の推定相続人が取得した自社株式以外の財産について除外合意を行うことができます。なお,第1と第2に記載した「除外合意」の内容は,当FAQに掲載している除外合意に関する内容をご参照ください。
 第3に,後継者が,後継者以外の推定相続人に対して金銭を支払うなど,後継者と後継者以外の推定相続人の衡平を図るための合意を行うことができます。

経営者の想いを
次世代へつなぐパートナーに

営業時間:9:00〜18:00
(定休日 土日祝 メール、FAX問い合わせ24時間)